フェイスコミュニティ・バプテスト教会  牧師:カレブ&クリスティーナ・チャン

Faith Community Baptist Church Sendai

〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1丁目14−16 家福ビル3階

Japan, Miyagi Prefecture, Sendai city, Aoba Ward

Honcho Ichome 14-16 Kafuku Building 3rd floor

www.fcbcsendai.org   info@fcbcsendai.org   phone: 022-797-7812

​© 2014-2019 by FCBC Sendai

Yukoの証言

 

みなさん、こんにちは!今日の礼拝は、私にとってすごく特別な礼拝です。なぜかというと、特別なゲストが来てくれているからです。

今日は私の両親が和歌山から来てくれています。それだけでも特別なのに、なんと私がアメリカに留学していた時の、アメリカ人の友達家族も、はるばるアメリカから来てくれています。そして留学していた時からの友達の真里ちゃんも、神奈川から来てくれています。

今日は、私がどのようにしてイエスキリストを信じるようになったか、また信じた後イエスさまが私の人生をどのように導いてくれたかをお話しします。

 

私の両親はよく知っていると思いますが、子供の時から私はおとなしい、目立たない子でした。私は自分に自信がありませんでした。

悪魔は、そういう私の弱さをよく分かっていて、私に一つの嘘をついたんです。それは「だれも祐子のことを好きじゃない」という嘘でした。

小さい頃はまだ大丈夫でした。でも中学、高校と成長していくにつれて、その嘘がどんどん膨らんできました。

 

他に誇れるものがなかったので、「いい大学に入って周りを見返してやろう」と思って受験勉強に打ち込みました。でも、勉強のしすぎで軽いノイローゼ状態になり、日本の大学はどこも受かりませんでした。

 

その頃の私は、もう色んなことに絶望していて、今までの友達や家族からも、日本の国からも出て行って、だれも私を知らないところで一からスタートしたいという気持ちでいました。

それで、両親にアメリカに留学したいと伝えると、お父さんは猛反対しました。私もお父さんも頑固だったので、半年くらい冷戦状態が続きました。

お母さんは、留学機関に300万近いお金を振り込んだ後に、私が急に留学が怖くなって泣いていたら、「留学やめてもいいんよ。300万なんか、祐子のために捨てたっていいんやから。」と言ってくれました。

その時のお母さんの寛大な言葉がすごく大きくて、今でも思い出すと泣きそうになります。

 

アメリカに留学して、私と同期生の日本人で、すごく仲良くなった女の子が2人います。一人は、たいさんの妹の典子ちゃん。もう一人は、今日来てくれている真理ちゃんです。真理ちゃんは私のルームメイトでした。

2人は私より先にイエスキリストを信じていて、私をBible Studyという聖書の勉強会や、教会に誘ってくれました。

 

ある日、2人のアメリカ人のクリスチャンの友達が来て、Bible Studyをするので行かない?と誘ってくれたので、行きました。

普段から、私は人が多く集まる場所が苦手でした。そういう場では、一人でぽつんと残されることが多かったからです。

でも、その日は違いました。

Bible Studyでどんなことを話してくれたかは、正直に言うと何も覚えていません。

ただ、その場所がものすごくあたたかい空間だったことは、よく覚えています。

 

それで、ただみんなで輪になってカレーライスと食べていただけなのに、私は急に泣き出してしまいました。

「どうしたの?気分悪い?」とみんなが心配そうに聞いてきて、恥ずかしかったので、お腹が痛いと嘘をついてベットを貸してもらって横になりました。

一人になった途端、こらえていた涙が後から後から流れてきました。

彼女たちの雰囲気が、決して弱い私を責めないことが分かって、その場所の霊があたたがくて、おなかは痛くないのに私はひたすら泣きました。

その時、今まで感じたことのない深い平安を感じました。

 

聖書で「わたしはあなたがたに平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、この世が与える平安とは違います。」と書いてあります。

その時私が感じた平安は、一言で言うと「救い」でした。テストで良い点が取れたり、何か良いことがあったりすると、一時的にいい気持ちになります。でもそれはずっとは続きません。でも神様が与えてくれた平安は、永遠に残る平安でした。

 

「神は愛です」と聖書には書いてあります。イエスキリスト、神は愛の神様です。私は誰からも好かれてないと思っていたけど、神様は私を愛してくれていました。神様が私を愛してくれている、という真実が私を救ってくれました。

 

また私は悪魔の嘘に対して、戦う方法を学びました。悪魔がだれもお前のことなんか好きじゃない、と言ってきたときに、「神様は私のことを愛してる。私の友達だって、私のことが好き。」と口に出して打ち消しました。そういう繰り返しの中で、暗闇だった部分が、どんどん明るく光に照らされていきました。

 

イエスキリストを信じてから、神様は私に必要なものはなんでも与えてくれました。

テキサスの大学を卒業して、日本に帰ってきてから、最初はなにをしたらよいか分からず葛藤した時期もありました。

その中で「こどもの英会話講師になりたい」という思いがでてきました。でもおとなしい性格だし、日常的に人前に立つ仕事は無理だろうとあきらめていました。

でも神様は何度も聖書の言葉を私に語って励ましてくれました。

 

「神はみこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです。すべてのことを、つぶやかず、疑わずに行いなさい。」ピリピ2:13

 

神様は私の思いをよく知っていて、やりたかった仕事を与えてくれました。

何かをやりたいという思いは、私の思いであり神様の思いでもあるということを学びました。

夢の仕事は、やり始めると現実的には結構大変でした。聖書でイエス様の弟子のペテロが水の上を歩く場面がありますが、私にとって教師としてクラスルームをコントロールすることは、信仰によって水の上を歩くようなことでした。

できないと思ったら、失敗して沈みました。そのたびに、つぶやかず疑わずに行いなさいという言葉が私に信仰を与えてくれて、「イエスさまがくれた仕事なのだから、絶対できるようにさせてくれる」と信じることで、前に進むことができました。

 

英会話講師として3年近く働いてから、私の心に「何かキリストを伝えることに直接関わる仕事に就きたい。私の時間24時間すべてイエスさまのために使いたい」という思いが出てきました。

ただ日本ではそんな仕事に就くなんて無理だろうと思ってあきらめていました。

 

でも、神様は私の心をよく知っていて、そのとおりの仕事を与えてくれました。

私は東北に来て約3年半になります。その間、最初はサマリタンズパースでの通訳としての仕事から始まり、今はシンガポールからの宣教チームの通訳として、絶えず私に仕事を与え続けてくれました。

 

聖書の言葉で、「主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる」と書いてあります。

私が神様にあって、良いものを願うなら神様は必ず与えてくれます。でも自分勝手な願いであれば、与えられません。

今は結婚したいという思いが出てきています。神様は、良いパートナーを願いなさい。良い結婚を願いなさい、と私に語っています。

私は神様を恐れなければいけないと思います。なぜなら今までずっと神様は、私が願ったものを与えてくれたからです。

今まで私に良くしてくださった神様、これからも良くしてくださる神様に本当に感謝します。

 

Yuko’s Testimony

 

Hello, everyone. Today’ church service is very special for me, because I have several special guests. My parents are here from Wakayama prefecture. Not only them, my friends from U.S., my friend from Kanazawa is also here today. 

 

Today, I’d like to share how I came to know Jesus Christ, and how God lead my life  after I became Christian. 

 

My parents probably know well how I was when I was a child, but I was very very shy. I thought there’s nothing I can be proud of myself. 

Satin knew my weakness and whispered me a lie, which is “Nobody likes Yuko”

As I grew older, the lie became bigger and bigger and it tormented me. 

 

I started study very hard to enter high level university to prove myself, but it didn’t work. I couldn’t pass any entrance exam and it made me depress more. 

 

At that time, I was completely disappointed on everything and wanted to run away from family, my friends, even my country, and start over at the place where nobody knows me. 

When I told my parents that I want to study in the U.S., my father strongly opposed my decision. I was stubborn and he was stubborn, and we didn’t talk with each other about 6 month. 

 

After my parents deposited about 3 million yen to the organization for supporting overseas study program, my mother found me crying because of fear. She said, “It’s ok for you to not going to U.S., I don’t mind forsake 3 million yen for your sake.” What my mother said to me, her compassionate word was so touching to me. Even now, just to look back the time, it makes me cry. 

 

There are 2 girls who became my best friends in the U.S. One is Noriko, Tai’s sister, the other is Mari, who is here today. Mari was my roommate. They became Christian earlier than me, and invited me to Bible Study. 

 

One day, American christian sisters came to do bible study and Mari and Noriko invited me to go with them. I didn’t like to go to the place where a lot of people gather because I was shy and feel restless usually. But the day was different. To be honest, I didn’t remember or understand what they taught at the bible study at all. But I remember the atmosphere was so warm and peaceful. 

 

I didn’t know why but somehow I started crying when we were just gathering in a circle and eating curry rice. 

I borrowed my friend’s bed and lied down, and still kept weeping. The atmosphere was so warm, and I knew that they won’t accuse me even though I was vulnerable, the Holy Spirit at the room was so loving and I couldn’t hold myself. I felt deep peace which I’ve never felt in my life. 

 

Bible says, “My peace I give to you; I do not give it to you as the world does.” 

The peace I felt at that time was, if I can describe in one word, it was salvation. When I get good score with exam or something good happens to me, I feel good for a while, but it’s just a temporally thing. But the peace God gave me is peace which is eternal. 

 

Also, God taught me how to fight against the lies of enemy. When satin spoke to me “nobody likes you”, I learned to confess “No, my God loves me, my friends loves me too.” By doing this, the part which were covered by darkness started by changed into light. 

 

After I became christian, God has been faithfully provided my needs. 

After graduated the university in TX and came back to Japan, at the beginning I didn’t know what to do and I was struggling. 

 

I had a desire to be an English teacher for children, but I was kind of gave up for my dream. Because of my quiet personality, I thought it would be very difficult to  have a job constantly had to stand in front of people. 

But God encouraged me through bible verse again and again. 

 

“For it is God who works in you to will and to act in order to fulfill his good purpose. Therefore, do everything without grumbling or arguing.” Philippians 2:13

 

God knew my heart and provided me a job which was exactly I wanted. Through this lesson, I learnt that even though I thought it was my desire, actually it was also God who put me a desire into my heart, and as I offer it to Him, it becomes His will. 

 

Later on, I found my dream job was very tough, though a lot of fun at the same time. Like as Peter walked on the water encouraged by Jesus, for me to control the classroom was like as walking on the water by faith. 

 

When I thought I cannot, the thought made me sink into water. But the word, “do everything without grumbling or arguing” sustained me. By believing this is the job God provided me, so that God will help me to do it, I was able to move forward. 

 

When I had worked as an English teacher for 3 years, I had a desire to work for Jesus Christ more directly. I didn’t know exactly what, but something related Christianity and I can use all of my time for Christ. 

But in my heart, I thought it was impossible to find such a job in Japan. 

 

But God knew my heart very well, and gave me a job exactly I wanted. 

It’s been already 3 years and half passed after I came to Tohoku area. During the time, God provided me a job at the mission field, starting a job as an interpreter at the Samaritan’s purse, and now I’m an interpreter for missionary team from Singapore. God has been so good to me. 

 

Bible says, “Rejoice in the Lord, and He will give you the desires of your heart.” 

 

If I desire anything good in Christ, God is the one surely provides for me. But if I desire with selfish way, He won’t. Now I’m praying for my life partner. God says that I need to wish for good husband, good marriage. I feel that I need to fear God. Because He has been provided what I desired. I thank God who has been so faithful to me, and who is going to be in future.